ビジネス旅行者向けインドビザ(eBusinessインドビザ)

インドのビザビジネス旅行者

過去に、インドのビザを取得することは非常に多くの訪問者にとって挑戦的な仕事であることが証明されました。 インドビジネスビザは、通常のインド観光ビザ(eTourist India Visa)よりも承認を得るのが困難です。 これは、テクノロジー、支払い統合、バックエンドソフトウェアの革新的な使用により、簡単なXNUMX分間のオンライン手順に簡略化されました。 旅行者が自宅やオフィスを離れることなく、すべてのプロセスがオンラインになりました。

このリンクを参照してください オンラインで申請を完了する.

からの市民 アメリカ合衆国, 英国、カンダ、オーストラリア、 フランス このプロセスをオンラインで完了することを許可されている国籍の中にいます。

多くの観光客やビジネス訪問者は、インド大使館や物理的なインド政府の事務所を訪問することなく、インドのビザをウェブ上で完全に適用できるという最も霧深い考えを持っていません。 インド向けのビジネスビザも同様にウェブ上で申請できます。 過去に、インドのビザ申請者は定期的にインドの政府機関、またはインド大使館を訪問し、一日中何時間も列になって、貴重な時間を過ごしていました。

インドビザを販売する違法なウェブサイトがありますが、信頼性が低く、顧客に過大な請求を行っています。 これらのウェブサイトの中には、インドへのビザの申請を完了するのにXNUMX時間以上かかるものがあります。 ただし、このウェブサイトでは、お申し込みの場合 インド政府 ビジネスビザまたはツーリストビザでは、開始から終了までの全体のプロセスは約2〜3分です。

あなたは自宅やオフィスであなたのPCの快適さを通してインドのビザを完了することができます。 洗練されたバックオフィスシステムは、インドのビザがインドへの訪問者に配達される方法を変えました。 当社のバックオフィスシステムは、生体認証チェック、光学式文字認識、および 磁気読み取り可能ゾーン パスポートから、アプリケーションに人為的エラーが侵入しないようにします。 間違ったパスポート番号の入力を間違えた場合でも、この洗練されたソフトウェアはパスポートの実際の画像からエラーを検出します。

名前または姓の文字の単純な取り違えは、移民担当官によるインドのビザ申請の却下を引き起こす可能性があります。 このウェブサイトのバックエンドに配置されているソフトウェアと人工知能ベースの自己修復および自己修正システムの本質的な利点のXNUMXつは、パスポート、写真、名刺からの人間の入力の結果として導入された手動データエラーの利点です。一般的にアプリケーションの却下をもたらす回避。 インドビジネスビザ(eビジネスインドビザ)を必要とするインドへのビジネス旅行者は、軽微な過失のために重要な旅行をキャンセルまたは延期する余裕がない可能性があります。

インドのビジネスビザはこちらから入手できます.

eビジネスインドビザでのビジネス訪問の理由

  • インドで商品またはサービスを販売するため。
  • インドからの商品またはサービスの購入。
  • 技術会議、営業会議、その他のビジネス会議に出席するため。
  • 産業またはビジネスベンチャーを設立する。
  • ツアーを実施する目的のため。
  • 講義を配信します。
  • スタッフを募集し、地元の人材を雇用する。
  • 見本市、展示会、ビジネスフェアへの参加を許可します。
  • 商業プロジェクトの専門家や専門家なら誰でもこのサービスを利用できます。

インドの入国審査官は、旅行書類またはパスポートの詳細の不一致に関連する失策の余地がありません。 過去のデータの履歴分析によると、候補者の約7%が、たとえば識別番号、ビザの有効期限、名前、生年月日、姓、および/または名/ミドルネームなどの重要な詳細の作成に誤りを犯しています。 これは、業界全体で非常に標準的な統計です。 当社のウェブサイトのバックエンドを使用するソフトウェアは、そのようなエラーが発生せず、パスポートが読み取られ、インドのビザフォームで入力された候補者と照合されることを保証します。

インドのeVisa、インドの電子渡航承認、またはインドのeTAにより、XNUMXか国の居住者が身分証明書を物理的に踏む必要なくインドに進出できます。 この新しい種類の承認は、eVisa India(または電子インドビザ)と呼ばれます。

インドのeVisaにより、ゲストは国内で最大XNUMX日間インドに留まることができます。 このインドのビザは、娯楽、レクリエーション、ツアー、出張、医療の背後にある以下の理由で利用できます。

このウェブサイトからオンラインでeビジネスインドビザ(インド向けビジネスビザ)を申請する人は、インド大使館または領事館の近くのオフィスで手配/予約または物理的な個人訪問を行う必要はありません。

このインドのビジネスビザは、ビザの物理的なスタンプを必要としません。 申請者は、電子メールで電子的に送信されたインドのビザのPDFまたはソフトコピーを携帯電話、タブレット、またはラップトップに保管するか、飛行機またはクルーズ船に乗る前に物理的な印刷物を保管できます。

ビジネス向けインドビザの支払い(eBusinessインドビザ)の支払い

ビジネス旅行者は、小切手、デビットカード、クレジットカード、またはPayPalアカウントを使用して、ビジネス向けインドビザの支払いを行うことができます。

オンラインで利用できる他の種類の電子インドビザは、オンラインでのこのWebサイトからのe-Tourist Visa、e-Business Visa、e-Medical Visa、e-MedicalAttendant Visa、e-Conference Visaです。

インドのビジネスビザを取得するために必要な要件は次のとおりです。

  1. インドに最初に到着した日から6か月間有効なパスポート。
  2. 有効で有効なメールID
  3. デビットカードまたはクレジットカードまたはPaypalアカウント

ビジネス向けインドビザ(eBusinessインドビザ)に必要な書類

候補者はさらに、顔写真とパスポート写真をアップロードまたは電子メールで送信する必要があります。これらの写真は、スキャンするか、携帯電話から撮影することができます。

インドのビザに必要な文書を参照してください.

Business India Visaに関して申請者が支払いを完了すると、添付ファイルをアップロードするためのリンクがメールで送信されます。 添付ファイルをアップロードできない場合にもメールで送信できることに注意してください。 このリンクは、アプリケーションに関して支払いが正常に行われた後にのみ送信されます。

添付ファイルには、JPG、PNG、PDFなどの任意の形式を使用できます。 このWebサイトにアップロードする場合、サイズの制限があります。

インド向けのビジネスビザは通常XNUMX〜XNUMX営業日で発行されます。 ビジネス旅行者は、名刺または電子メールの署名を提供するよう求められます。 さらに、ビジネス訪問者は、訪問先のインドの組織のWebサイトアドレスとWebサイトアドレスを入手できるようにする必要があります。 このウェブサイトに電子設備が登場したことにより、ビジネス乗客向けのインドビザは非常に簡素化され、簡単になりました。 拒否率はごくわずかです。

XNUMXか国からの市民 インド政府の法律に従って、ビジネス目的でインドのビザ申請をオンラインで提出する利点を活用できるようになりました。 観光ビザは、インドへの出張には有効ではないことに注意してください。 相互に排他的であるため、観光ビザとビジネスビザの両方を同時に保持できます。 インドへの出張には、ビジネスのためのインドのビザが必要です。 インドへのビザは、実行できる活動を制限します。

確認したことを確認してください インドのeVisaの資格.

米国市民, イギリス国民, カナダ市民 フランス国民 できる インドのeVisaにオンラインで申し込む.

フライトの4〜7日前にインドビザを申請してください。